必要な資格

歯科助手として働くための基本的な知識や技術を証明するためには何か証拠が必要になります。
そんな時に有効になるのが歯科助手認定資格です。

国家資格ではありませんが、自分自身のスキルを証明する材料になり、まわりから判断してもらうための材料にもなります。

実は、歯科助手認定資格にはいくつか種類があります。

・歯科助手資格認定制度:
歯科医師会が認定する資格制度です。

特に試験はありません。
都道府県の歯科医師会が行っている研修や講習を受けることで資格認定される制度です。

歯科医師会認定の専門学校であれば、卒業と同時に認定資格を取得できます。

・歯科助手認定制度:
この認定制度には乙種第一、乙種第二、甲種の3種類があり、それぞれ講習内容や受講時間が異なります。
甲種については、歯科助手養成機関を卒業することで認定書を取得できます。

歯科医師会以外にも民間の法人や団体が資格認定試験を実施しています。

・歯科・医療事務管理士:
この資格は、技能認定振興協会が主催する歯科・医療事務管理士認定試験に合格すると取得できます。

・歯科助手技能認定:
一般財団法人日本医療教育財団が認定する資格です。
受付業務をはじめ、事務処理の方法や診療介助の知識を学ぶことができます。

・歯科助手専門秘書検定資格:
NPO日本能力開発推進協会が認定する資格です。

・歯科助手検定1級、2級、3級
日本歯科助手検定協会などが認定する資格です。

・歯科医療事務検定1級、2級、3級
日本医療事務検定協会が認定する資格です。

種類はたくさんあり、内容にも違いがみられます。
何を学びたいのか、歯医者さんでの自分の立ち位置を想像して必要な知識や技術を学び、資格取得を目指しましょう。

 

コメントは受け付けていません。

勤務する場所と働き方

歯科助手さんと呼ばれている訳ですから、勤務する場所は歯医者さんです。
デンタルクリニックや歯科医院なんていう呼び方もありますね。

歯医者さんによって診療内容が異なり、一般歯科や矯正歯科、審美歯科などがあり、しかも子供専門の小児歯科もあります。
勤務先の歯医者さんの診療内容によって、歯科助手さんの業務も異なる場合がりますので、求人に応募する場合は確認しておきましょう。

歯医者さんに勤務する場合、どんな働き方ができるでしょうか?
求人を見ると分かるのですが、歯科助手さんの求人には正社員、派遣社員、契約社員のほかにパートやアルバイトなどでも募集されています。

待遇の面から言えば正社員が最も安定しています。

派遣社員や契約社員は、パートやアルバイトよりは若干収入がいいかもしれませんが、いつ切られるか分からないと言った不安材料もあります。

育児や介護の間の空いた時間を使って働きたい場合は、パートやアルバイトという働き方も選択できます。
「午前だけ」「午後から」など、自分の都合にあった時間い合わせられるのがメリットです。

患者さん相手ということもあり、予約外の患者さんが飛び込んだ時など、勤務時間にずれが出る場合もあります。
最近では日曜日でも診療している歯医者さんもあり、週末限定で働くことも可能です。

歯科助手さんは、非常に多様な働き方ができるので、特に女性の間で人気の職業です。

 

コメントは受け付けていません。

仕事内容

歯科助手としてのお仕事は、主に以下の3分野に分けられます。

・受付/事務処理:
患者さんが歯医者さんを訪れた時に、診察券や保険証を提出する場所が受付です。

予約を受けたり、電話での対応、会計などを担当します。
患者さんの保険証に変更はないかなど確認したり、カルテの整理や準備作業を行います。待合室やトイレなどの衛生管理を行うこともあります。
お子さん連れの患者さんが治療中は、待合室で小さなお子様の面倒を見ることもあります。

・診療室内の管理:
診療室には治療に必要なたくさんの器具や薬品があります。

患者さんの治療内容に合わせて使用する器具や薬品を準備します。
使用済みの器具を消毒したり廃棄したりするお仕事も大切です。
治療器具や薬品、材料などの在庫管理や発注を担当する歯医者さんもあります。

・チェアサイドアシスタント(診療介助):
患者さんにとって一番身近な歯科助手さんではないでしょうか。

治療行為は医師免許がなければできません。
歯科助手さんのお仕事は、あくまでお医者様のアシスタントです。

例えば、削った歯を埋めるために型を取りますね。その際、一般的にはピンクの柔らかいガムのようなものを噛むと思います。
その材料を準備するのが歯科助手さんで、型を取る行為はお医者様しかできない医療行為になります。

また、レントゲンを撮る際には、椅子の高さの調整や注意事項の説明はできますが、撮影ボタンを押すことは違法行為になります。

歯科治療においては、歯科助手さんに許されている行為は限定的です。
でも、お医者様がずむーずに治療を行い、患者さんがリラックスして治療を受けられるようにするには、歯科助手さんのサポートは欠かせません。

専門用語も飛び交いますし、細かい作業にもなります。
責任重大で大変ですが、歯科助手としての腕の見せ所でもあります。

歯医者さんによって分業の方法は異なります。
事務関連は歯科助手さんではなく、歯科専門医療事務の方が担当する場合もあります。
どちらにしても、歯医者さんに欠かせない存在であることは間違いありません。

コメントは受け付けていません。

もう一つ最近取った資格があるんです。

ちなみに私、最近取った資格がもう一つあるんです。
それは食育アドバイザー資格と言うものです。
名前の通り『食』に関する資格で適正な食事や料理、食材を用いて子供から大人全般に
食に関する情報を提供する資格です。
⇒ 食育アドバイザー資格
結構楽しく勉強が出来る資格なんですよー!
仕事がお休みの日は食育研修や講座なども開講しています。

コメントは受け付けていません。

私は小さい時に白衣に憧れていました。

憧れの制服制服に憧れて職業を選ぶとこがあると思います。
私は小さい時に白衣に憧れていました。

残念ながらお医者様や看護師さんには向いていないとはっきりしていたので、その他の白衣の仕事を考えました。

思いついたのは病院の事務です。
規模の大きな総合病院では、事務の方は白衣を着ていませんでしたが、当時私がお世話になっていた内科のお医者様では事務の方も白衣でした。
それがすごくかっこよく見えて、ひそかに働く女の人になるんだって心に決めたんです。

小さい時の夢を実現させるのは、ある意味難しいかもしれません。
成長するにつれて憧れも変わりますし、違う世界が魅力的に見えてくることもあります。

でも、私の白衣への憧れは消えませんでした。
いろいろな職業を経験しましたが、結局、デンタルクリニックで白衣を着ています。
歯科助手と呼ばれる職業です。

どんな仕事かと言うと詳しくは歯科助手の資格と仕事さんで解説してくれています。
歯科助手サイト

 

わたしの立ち位置は、お医者様のアシスタントです。
診療介助と呼ばれるお仕事がお医者様のアシスタント業務です。
受付や会計も行います。

歯医者さんで治療や検査を受けますね。
その時に、治療してくれるお医者様と、そのサポートをする人がいますね?
サポート役の人を歯科助手と言います。
歯科衛生士さんとは違います。

歯科助手の役割は、患者さんがリラックスして治療を受けられるように準備し、歯医者さんがスムーズに治療できるようにサポートすることです。
患者さんとお医者様の両方のための大切なお仕事なんです。

それだけではありません。
歯医者さんの裏方のお仕事も行います。

例えば待合室やトイレの掃除や診療室の管理、治療に使う器具や材料などの管理や発注業務、各業者との連絡など、業務は様々な場面で行います。

好きな仕事実際大変だな…と感じることもあります。
でも、私にとっては憧れの白衣なんです。
単純な理由で始めた仕事ですが、プロとしてのプライドがあるんです。
この白衣のために、頑張って勉強して、知識や技術を身に付けたんだっていう自信があるんです。
だから、大変でもすごく充実しています。

歯科助手として働き始めて、今までに2回歯医者さんを変えました。

最初は人間関係の問題です。
他のスタッフとうまくコミュニケーションが取れなくて、疲れてしまっったんです。
無理をしても、仕事はうまくいかなかったので、思い切って環境を変えました。
この時ほどコミュニケーション能力が大切だと感じたことはありませんでしたね。

2回目は自分の結婚で引っ越したため、通勤できなくなったことです。
新居から通勤できる歯医者さんを探して再就職しました。

その後出産のために退職し、育児が一段落した今は、空いた時間を有効に使おうと思って、パートとして新しいクリニックで働いています。

歯科助手はいろいろな働き方ができます。
結婚や出産などの理由で一度退いても、一度身に付けたスキルを生かして再度チャレンジすることができるのです。

私は歯科助手というお仕事が大好きです。
いつまでも続けていきたいと思っています。

興味のある方は、基礎知識やスキルを学んでチャレンジしてみてください。
きっと充実した生活をおくれるはずです。

 

コメントは受け付けていません。